天然の山くるみ!

12月なのに寒くないです日々が続いています。

初秋から初冬になる辺りまで山くるみを取りに行きます。

キコットのパンに使うクルミです。これが、それはそれは手間の掛かる作業です。

クルミは固い殻の中に入っている実を穿り出しますが、キコットではクルミの実が木から落ちて腐った所を採集してきます。イメージは梅です。

クルミも梅のような実が付きその種の中味(それが食している姿です。)をとってきます。

外側が腐ったころに中が成熟してきます。腐った身を川できれいに洗い流し種だけにし、それを1ヶ月以上乾燥させ、やっと種を割り身を取り出す事が出来ます。

しかし山くるみは固いのでほじくるだけでも一苦労で、時間が出来た時にチョコチョコと取りだします。

地道な作業ですが天然で無添加(ある意味オーガニック?!)のくるみ油の多い美味しいクルミをキコットのパンに使用する為(コストダウンも含めて)山に入って一年分を採ってきます!今年は猛暑でクルミの実付きもいまいちですが、油にのった美味しいくるみが採れました!

ハブザダール クルミはふんだんに国産天然の山くるみを使用していますので味が濃くぜひお試し頂きたい一品です!!

これはクルミの木。もう何にも無いです〜!また来年宜しくです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA