キコットのパン〜カサラ〜

・「カサラ~砂漠のパン~」
 平べったく、柄が特徴的なこのパンはサハラ砂漠の(アフリカ大陸北部にある世界最大の砂漠)遊牧民達がパン生地を砂で覆いその上に焚火の熾(おき)を敷く事で蒸し焼きにします。アルジェリア(サハラ地域以外)ではタジンと呼ばれる土器のような型で(この渦巻き柄もアルジェリア特有です。)直火で焼き上げます。
セモリナ粉で作られる、作り方も食べ応えも砂漠の生活の厳しさを感じさせる 最高にタフでオリーブオイル、ごまを練り込んでおり風味豊かなシンプルなパンです。